産後 仕事 保育園

産後に仕事をしたい、保育園はどうしたら良い?

出産後に働くことを考えているなら、家族の中で子どもを見てくれる人がいないと、とりあえず最優先事項として子どもの預け先を決める事が大切です。
最近では、保育園の入園申込者数に対して保育園の数が足りていないために、子どもが待機児童になってしまったという人も増えています。
保育園や認証保育所の申し込みは、多くの場所が11月以降に受付開始となっています。
申し込みに必要な書類は、保育園または各自治体で配布しています。
保育園に入園できない場合や、保育園の規定時間外に子どもを預けたい場合は、無認可で運営している保育園への入園も候補として考えましょう。
無認可の保育園だからといっても、行政による指示や検査を受けながら保育園は成り立っています。
このほか、会社の中に保育所があったり、保育ママ制度などがあります。
保育が可能な曜日・時間、保育費用、入園・入所条件などは、保育園ごとに違います。
産後はなかなか時間がとれないので、子どもを出産する前に情報をチェックしておくと良いでしょう。
それと共に保育園によっては入園申し込みを出産前に受け付けているところもあるので、早めに手続きをしておくとよいでしょう。
保育園を探すにあたって、通勤が遠回りになる保育園より近所にある認証保育園のほうが通園に便利なのはいうまでもありません。
また、残業が多い職場や休日出勤が多くあるような場合は、不定期に預けられる保育所のほうが利用しやすいでしょう。
また、出産した後時間を置かずに通わせることは理不尽だと考えられますが、そうともいえないようです。
赤ちゃんは、成長するにつれてお母さんと引き離される不安を感じるようになり、泣きやんでくれないので胸が痛いということもよく耳にします。