産後 仕事復帰 不安

産後に仕事復帰、不安を取り除くために

申請していた産休・育休の期間が終わり近くになったなら、仕事再開のために生活リズムも少しずつ変えていくと良いでしょう。
初めに、健康的な体調を維持するために、起床時間や就寝時間が崩れてしまっていたら、徐々に出産前の時間にしましょう。
そして、朝食の仕度からメイクや着替えまでの時間を実際に会社へ出勤すると仮定して、保育園の道も歩いてみましょう。
自分の持ち物を準備する他に、子どもの保育園用具を用意して持っていくのは、大変な作業です。
バスや電車などを乗り継いで行く場合は、たくさんの荷物を持っていけないのでさらに大変です。
持参するカバンも大きいものにしたり、子どもと保育園に最も通いやすい道を探して、少しでも負担を軽くしましょう。
長期休暇で会社に迷惑をかけたこともあり、会社にはお菓子などを持参しましょう。
職場の仲間とまた一緒に仕事が出来る喜びや休暇中の出来事を話しながら、配ると喜ばれるかもしれません。
しかしながら、子どもの話や生活に関する話は、長々と話し過ぎないようにすると印象としては良いイメージだといえるでしょう。
仕事については、いきなりバリバリがんばれなくてもよいという気持ちで取り組みましょう。
赤ちゃんが保育園に慣れていくのと同じように、自身も生活パターンを徐々に前に戻しつつ仕事をこなしていけばよいのです。
なお、産休や育休中はいつも元気だった赤ちゃんが、保育園に通うようになったら体調を崩してしまうといった報告も多数あります。
保育園に通い始めてすぐの頃は、熱が出たり風邪っぽくなったりすることが少なくないようです。
保育園側から迎えに来てくれとの連絡が入ることも多く、仕事で迷惑をかけることもあるでしょう。
職場で肩身の狭い思いをすることもあるかもしれませんが、母親になった強さで乗り越えて行けると良いですね。