産後 仕事 健康

産後の仕事復帰は、健康が大切

出産には相当のエネルギーを消耗しますから、持病があるないに関係なく出産後は体調を崩す場合が多いため注意が必要不可欠です。そして、出産後も仕事をしていくために、精神面も体の健康と併せて丈夫にしておきましょう。

安定していたホルモンのバランスが、出産後には崩れやすいために、うつ病になってしまう方も多くみられます。生後4か月を過ぎるまでは、母乳を与える頻度も多いので睡眠不足になる方も多いようです。

これらに加えて掃除や料理などの家仕事や雑用などで、身体にも負荷がかかって非常に疲れやすい状態になるでしょう。身体面精神面ともに健康でいるために、何でも自分一人でしようとしないことが何よりの秘訣です。

出産後、精神状態が安定するまでは、理由もなく涙が出てきたり、不安に悩まされたりすることもあるでしょう。それから、うつの症状を感じた場合でも、ホルモンバランスの崩れが原因ですから考え込まないようにしましょう。

赤ちゃんの夜泣きなどで寝不足が続くようなら、ご主人やお母さんに助けを求めて、まとまった睡眠をとりましょう。腰などの痛みが出てくるようなら、赤ちゃんの抱っこなどは夫や母親に頼みましょう。

家事も育児も、会社の仕事と何でもきっちり行なう必要はありません。他のお母さんたちの話を聞いて自分のほうが劣っているなんて不安に思わないでください。限界を感じてきたら、一日必要以上のことをせず、子どもとまったりしてみましょう。

それでも、頭痛が継続して続いたり体調不良が長引く場合には、すぐに医療機関で診察を受けましょう。必ず受診する赤ちゃんの定期健診の時に、できれば家族に付き添ってもらって、自分も検診してもらうと良いでしょう。

なお、自治体によっては育児の面で力になってくれる保健師さんが在籍していますから、積極的に手助けしてもらうと良いかもしれません。