育児休業給付金

育児休業給付金について

結婚した女性にとって、出産することは一番嬉しい出来事と言っても過言ではありません。
子どもを産む準備として多くのエネルギーを要します。
そのため、仕事を持つお母さんの健康を守るために、法によって、産前産後休暇というものを申請できるようになっています。
産休として認められる期間も決まっていて、出産前の6週間と出産後8週間が産休として適用されます。
もしも双子以上の多胎児を妊娠しているのであれば、14週間の産前休暇を取ることができます出産前休暇に関しては、分娩予定日を基準にして申し込めます。
予定日に産まれることは少ないので、たとえ出産の日が予定日より前後してずれたとしても心配はいりません。
例を挙げると、1週間遅い出産になった場合でも、規定の6週間に1週プラスされた7週間が産前休暇として認識されるようです。
産後の休暇は、出産日を基準にした日にちが該当期間となります。
産休は法律による制度のため、雇用者は産休中に働いてほしいと言うことはできませんが、本人の希望があれば6週間に短縮できます。
産休は、社員に限らず、パートタイマーやアルバイトの人でも休暇を取ることができます。
育休という休暇に関しては、産後休暇の翌日から子どもが1歳になるまでの間に適用されます。
この育児休暇に関しては、男性も女性と同じように取得できるのです。
保育園側の事情により入園できない場合など、やむを得ない事情が認められると、1歳6か月まで延長できます。
育児休暇中の生活を保障する制度として、育児休業給付金を受給できるようになっています。
育休を認めているのは、正社員というのが条件の会社が一般的のようです。
この給付金の受け取りに関しては、一定の条件を満たすことで支給されるようです。

給付金額や雇用保険の適用などに関しては企業ごとで定めているので、確かめてみましょう。